NAOluvpのブログ~SING 4 U
歌うことでみんなとつながりたい‘NAOluvp(なお)'の、ライブのことやら、伝えたいことやら、どうでもいいようなことを、気の向くままに記してきます☆NAOluvpケータイHPのダイアリー&ライブレポでもあります。


プロフィール


NAOluvp

Author:NAOluvp
「歌うことが生きてること」な歌うたいです。ブルース、ソウル、ファンク、R&Bなどベースにしながらポップな歌をめざしています。歌ってないときもそれなりに考えて生きてるつもりです。
くわしくはHP http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/naosluvp/で。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




カテゴリー




月別アーカイブ




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2013.12.01  12月 <<21:16


はや12月。今年もあと1か月 毎年のことながら 一年って早い。

この時期になると あちこちで電飾がお目見えする。
夜が長い季節に、夜に活気を与えるから 悪くはないと思うんだけど、
densyoku
純日本家屋と純日本庭園に このイルミネーションは うーーーーん
と思うのは ワタシだけでしょうか。

昨日、ワタシの住む蕨市で 前の東海村村長 村上達也さんの話をきく催しがおこなわれました。
hikaku
東海村といえば 日本で初の商業用原子炉が設置され 1999年にはJCO臨界事故がおきた、東海村といえば原子力、原発。
そんな村で4期16年村長をつとめ、
JOC事故のときは 国や県から越権行為とされつつも 人命第一として自分の判断で村民を避難させ、
2011年の福島原発事故の後、原子力撤廃の姿勢を鮮明にして、
2012年4月に結成された 『脱原発をめざす首長会議』の設立呼びかけ人となり(蕨市長の頼高英雄さんもこの会議に加入している)、
今年9月に任期満了で退任(5期目の選挙には出なかった)したあとも、脱原発の立場で本を書いたり講演を行ったり 発信しつづける村上さん。
東京一極集中が地域の自立を妨げていて 原発立地も そういう問題。
東海村村長だったから、住民を守るという立場で原子力と向き合ってきた人だからこその言葉は 説得力がありました。
村上さんは「秘密保護法」についても発言している。
「今でさえ原発の情報は取り扱い注意が多い。原発関係者には、住民国民に知られたくないというマインドがある。これまでは不都合な事実を隠したいというのは感じたが、最後まで情報開示を拒否することはなかった。だが、法律ができれば、説明責任は置き去りになり、『これは秘密です』の一言で終わりになる」(「朝日」11月29日)
秘密保護法案は参議院で審議に入っているけれど、「反対」の世論は確実に広がっている。12月6日までの臨時国会の会期。参議院での廃案、最後まであきらめない。

そんな 12月。ライブの予定は
★12月14日(土) 西川口・live&bar R の2周年に出演させていただきます。
詳細は ケータイHP ご覧ください。
それから、12月22日(日)に如何屋で鬼頭つぐるさんのライブに呼んでいただいて なんかやります。なにをやるかは まだわかりません(^0^;






No.710 / ライブの予定 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← またしても強行 / Home / 日比谷バーニング →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

安心して年を越せるために言いたいこと


自分も年齢的に(1965年生まれ)、時が経つのが早く感じるようになりました。
しかし、秘密保護法案、これの成立を許してしまいますと、安心して年が越せません。ましてや、音楽活動においても、秘密保護の対象になっている事柄を取り上げて題材にしたから即逮捕。それも、何が抵触したかはも秘密となるわけですから、表現の自由も絵に描いた餅になりかねません。
音楽を演ずる立場と、観賞する立場の違いを越えて、秘密保護ではなく、表現の自由の保護を守る社会にしたいものですね。
2013.12.03(03:56) / URL / 松本雅典 / [ Edit ]


Re: 安心して年を越せるために言いたいこと


> 松本さん
秘密保護法案、与党はいよいよ今日、明日で強行しようと国会は緊迫してます。
国会や身近なところ、ブログやFacebookなどでも 最後まで声を上げていきたいと思います。
どんな結果になったとしても、国民に背を向ける安倍政権は いつか破たんの日を迎えると思います。
2013.12.05(14:39) / URL / NAOluvp / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。